AMPを導入してみた

Google AdSenseが導入したらいかがか?と
アドバイスしてきたので導入してみました。

詳しくは分かりませんが、
GoogleとTwitter社が共同開発した、
モバイル端末向け高速表示用のページ表示技術(?)のようです。

AMP(アンプ)は
Accelerated Mobile Pages(アクセラレイト モバイル ページ)の略で
直訳すると加速されたモバイル向けページとのこと。

WordPressではプラグインを導入すると
勝手にAMP用のページを作成してくれるようです。

導入はとても簡単で
WordPressの管理画面からプラグインのインストールをすればOK!

「AMP for WordPress」というプラグインがGoogle公認のようです。
(AdSenseの紹介ページから飛べた所が上記プラグインでした。)

サクッとインストールして、有効化します。

インストールするとAMPというプラグイン名で表示されます。
~for WordPressの部分は消えるので、管理の際にはご注意を!

AMPに関しては、賛否両論あるみたいですが
自分はスマホでネットしてて邪魔に思ったことは無いかなぁ

かれこれ、数年前から使われている技術みたいですね。知らんかった(´・ω・`)

慣れてしまえば気になる物では無いということ?
というより、テストで導入後に自分のページ調べてみたけど
AMP対応マーク出ないんですが!

AMP嫌われすぎて息を潜めてしまったの?
そのわりにはアドセンスで今更推してくるし・・・

とりあえずテスト導入と言うことで!
WordPressの動作が遅くなるようなら必要無いかなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。