GoPro Hero7 Blackを買った

つい出来心で・・・

我が家には安い中華アクションカメラがあったのですが
今更ながら、性能の良いの欲しいなぁー・・・と。

それで、少し調べてたらSJCAMのSJ8proなるものが
4K/60fpsで撮影可能ということですげー!欲しい!ってなったわけです。

GoProも当時はHero6で4K/60fpsで撮影可能でしたね。

アクションカメラといえばGoProですが
如何せん、お値段がねぇ・・・

そんなわけで、GoProの半額以下で買えるSJ8Proを買おうと
TOMTOPで日々睨めっこしてたわけです。

そんなことしてたらHero7が発売されまして
どんなもんよ?なんてYoutubeの比較動画とか見てたわけですが・・・

ある日突然スイッチが入ってしまいまして・・・

翌日には届いていました。

ネット社会怖い・・・

しかしまあ、お高いだけあって作りがしっかりしてます。(中華発想)

中身はいろんなところで公開されてますが、こんな感じです。

本体、バッテリー、USB Type-Cケーブル、マウントアダプタ2個
GoProの使い道が分からないシール、説明書

箱とプラケースがくっついてるので
箱を綺麗に取っておきたい人は下からゆっくり引っ張りましょう。

SDカードは中華カメラに入れてあった東芝の64GBです。
推奨MicroSDではありませんが、
UHS Speed Class3に対応しているので4K/60fpsでも十分に保存可能です。

4K/60fpsだと1秒辺り10MB必要なので
1時間半くらいは撮影可能ですね。

重さも程よくズシッとしており、高級感があります。

初っぱな、フレームを外さないといけないのですが
思った以上に力が必要で、パチンと外れたときはドキッとしました。

ウミガメの保護フィルムを外して、
SDカードとバッテリーを差し込んで電源をON!

バッテリーは充電されていないので、
本体に差し込んで充電してから使いましょう!

僕は待ちきれないので充電しながら行きます!

初回起動時はスプラッシュロゴが表示されます。

起動後は言語を選択して、規約に同意して・・・
表示された指示に従いながら進むとアプリのインストールを勧められます。

今更ですが、スマホ持ってないとアウトなやつなんですかね?

アプリをインストールして、カメラが認識されると映像が出力されてきます。
テンションが最高潮になる瞬間ですね!

アプリでGoProの名前を設定すると、バージョンアップを促されるのですが
アップデータをダウンロードしてる間に暇で触ってたら
警告文が表示崩れを起こしてました。

アプリ側の指示通りに進めてサクッとアップデート完了

先ほどの警告文も綺麗に直りました。

それでは実力を拝見・・・

こんな感じで似たアングルで撮影してみました。
左がGoProHero7、右が中華アクションカメラです。

同じ広角レンズですが、GoProの方が画角が広いですね。

ちなみにGoProの設定は
広角ON、スーパーフォト自動、Protuneオフです。

本当は動画を撮影したいところですが夜ですしね。
部屋は写せる状態じゃありません。

全体像では分かりづらいですが、拡大すると一目瞭然です。

左がGoProHero7、右が中華アクションカメラです。

ちなみに中華アクションカメラは6,000円程度の代物。
4Kを謳っていますが、この程度のようです。

そもそも、中華カメラは写真モードだと4Kじゃ無いではないか・・・
この辺は後日比較動画を撮影してみたいなぁと。乞うご期待。

遠景はまだ撮影してませんが、
この調子ではデジカメ代わりにGoProをポケットに
忍ばせておけば事足りてしまいそうです。

さて、予備バッテリー買わねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。