Kindleバンカーリングのススメ

皆さんKindle使っていますか?

通勤、通学の電車の中で読書をするのに便利です。
単行本1冊よりも薄く、軽いためその時点で価値ありです。

まぁ、本の値段+本体代になるので減価償却までの道のりは遠いですが!

状態さえよければ、中古で売る際も価値が暴落しないのもポイントの一つです。

さて、そんなKindleですがバンカーリング(スマホリング)を付けることで
より安定して読書を楽しむことが出来ます。

既に様々な方が実施されているみたいですが
改めてご紹介しておきます。

今回使ったのはこちらのバンカーリングです。
リングの内側がシリコンになっていて、長時間握っていても
疲れにくいようになっています。
接着後でも、リングの折りたたみ以外に
角度も変えれるためある程度の自由が効きます。

本体裏側に取り付けました。
ケース付きでも問題ありません。

折りたたむとこんな感じにコンパクトになります。
リング分が厚くなるのはまぁ仕方ない・・・
テーブルにリングを下にして置くとカタカタします。

Kindle正面から見るとこんな感じ。
円が半分よりも少しはみ出すくらいがポイント。

こんな感じで握っています。
薬指をリングに引っかけて、母指球(親指の付け根)の間に挟む感じです。
親指は添えるだけで、ページ送りに使います。

この使い方だと、手帳型ケースでもカバーが邪魔になりません。

オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。