NAS用にHDDを増設した話

我が家のNAS運用開始から3年と少しが経過したようです。

まもなく搭載しているHDDの1つが稼働3万時間になるので、
ぼちぼち寿命を迎える可能性を考えなければなりません。

とある集計では4年間で20%ちょいのHDDが不具合を生じさせるようです。

参考 ハードディスクの寿命傾向がストレージ会社が集めたデータから明らかにGigazine

と、いうわけで秋葉原に行ったついでに
HDDが安かったので買ってきました。

Western DigitalのWD40EZRZ-RT2(4TB)です。

去年、おととしは1万ちょいした気がするんだけどなぁ~
このご時世、税抜きですが7600円で購入可能なようです。

NAS用のRedシリーズはさすがにまだ高いですね。

我が家にあるReadyNasシリーズはホットスワップに対応しているため
新品のHDDを買ってきて差し込むだけで再構築を始めてくれます。

差し込んだ時点で残り時間は100時間・・・
上のSSは一日経った時点です。

進行につれて残り時間が短くなっていますが
結局、2日間カリカリと書き込みをしていました。

うるさくて寝れませんでした(´・ω・`)

無事ビルドが終わり、RAID5の12TB体制となりました。

このままだと1台壊れると後が無いので
RAID6の方が良いのかなぁ・・・

ひとまず、やっと4台体制になったので
今後は1台ずつ入れ替えていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。